酒が急に飲めなくなったのは何かの病気??

こんにちは、藤田です。

最近多くいただくご質問が「急にお酒に弱くなってしまう症状」です。

ですので、今回はお酒が飲めなくなる原因をご紹介させていただきます。

「毎日の晩酌が楽しみで、いつも息子といっしょにテレビをみながら飲んでいましたが、ここ二、三日どうもおかしいのです。
酒がまずくなったし、杯が進まない。何だか飲みたくなくなってしまった。肝臓が悪いのではないでしょうか」

40歳くらいの人が、こう訴えて私のところにやってきました。
調べてみると急性肝炎のごく初期で、すぐ入院して早く治療を受げたために経過も順調で早く退院することができました。

この患者さんの場合は、酒がまずいということで気がつき、黄疸が出だのは入院してからだったのです。
肝臓病の初期にはこういうことがよくあります。

肝臓は酒を分解するところですから、肝臓が悪くなると解毒できなくなって急に酒が飲めなくなり、飲んでもすぐ酔っぱらってしまったり、酒をみるのもいやになったりしてしまうのです。

ですから、もともと強かった人が急に弱くなった、飲めなくなった、という場合は肝臓病を疑ってみる必要があります。

肝臓病の悪化が進むと、肝炎前期 → 肝炎後期 → 肝硬変 といった具合に肝臓が硬くなってしまって、最終的にはこのような状態になってしまいます。

→ 【閲覧注意】画像が出ます。グロテスクが苦手な方はみないでください

急にお酒が飲めなくなってしまったのなら、肝炎”前期の前期”の疑いがあります。

ところで、もともと飲めない人は肝臓が悪いのでしょうか。
一升飲んでも平気な人は、奈良漬を食べただけで酔っ払う人よりも肝臓が弱いのでしょうか?
そうではありません。

もともと酒に強い弱いというのに肝臓と関係なく、酔うか酔わないかのちがいだけなのです。
また、しばらく酒をやめていて、ある日突然飲んでみたら昔のように飲めなかった、ということがあります。

これは酒を飲みつづけていると、だんだん慣れてきて酒量が増えてくる。
ところが、しばらく酒をやめていると、その慣れがとれてしまって元の酒量にもどった、ということなのです。

ともかく、酒がまずくなったら一週間は飲まないことです。
肝臓だけでなくいろいろな原因が考えられますが、からだが酒を拒否しているサインにはちがいありません。

ただ、お酒が何よりの楽しみである人にとっては、お酒が楽しめなくなるのは耐え難い苦痛です。

それ以前に、急に飲めなくなったというのは肝臓病の一歩手前の症状でもあるので、肝脂肪を防止するためにも肝機能を改善させなければなりません。

このような初期症状が出てきているうちに、肝機能を回復させる必要があります。

ですので、次回は弱ってしまった肝臓の機能を回復させる方法をご紹介します。

 

次→ 酒が飲めなくなってしまった人が肝機能を回復させるには