酒飲んだら吐くようになった原因はなぜ?

こんにちは、藤田です。

最近になって多くいただくのが「お酒を飲むと吐くようになってしまったのはなぜ?」というご質問です。

ですので、今回は嘔吐とお酒の関係をご紹介します。

酒を飲んで吐き気がするのは悪酔いのためです。

アルコールが代謝されるとアセトアルデヒドができますが、悪酔いの犯人はアルコールそのものではなく、このアセトアルデヒドなのです。

アセトアルデヒドが出てくると、ムカムカしたり、ドキドキしたり、吐き気がしたりします。

普通は吐く前に分解されるのですが、肝機能が落ちてくると分解される前に吐くようになってきます。

急性肝炎の初期症状としても知られていて、症状がすすむとこのようになってしまいます。

→ 【閲覧注意】画像がでます。グロテスクが苦手な人はクリックしないでください。

お酒を飲んで吐くのはアセトアルデヒドの分解能力が落ちてきているから

吐くことについて、おもしろいデータがあります。
日本は″酔っぱらい天国”といわれるように、駅のホームで吐いたり、道端で寝ころんだりする人が多い。

忘年会のシーズンともなると、よく盛り場のアチコチでゲーゲーやっている人たちをみけます。

ところが、外国ではこういう光景はめったにお目にかかれない。
これは日本人と西洋人とでは民族的にアセトアルデヒドのたまり方がちがうからです。

日本人はアセトアルデヒドを分解する酵素が先人的に少ないので悪酔いしやすいのです。
一方、西洋人は、その酵素が多いのですぐ分解され悪酔いしないのです。

悪酔いしやすいから、酒を飲むと赤くなったり、青くなったり、ドキドキしたり吐いたりするのです。

日本人にアルコール性の重篤な肝硬変が少ないのは、悪酔いしやすいので沢出酒が飲めないということも原因になっているのでしょう。

その点、西洋人は少しぐらい飲みすぎても悪酔いしないから、トコトン飲みつづけられるわけです。
ボトルー本あけてから仕事をするという人もいる位です。

西洋人にアルコール性肝硬変が多いのは、悪酔いしないので沢山酒が飲めるということからも説明できるわけです。

ところが、いままで3合ぐらい飲んでも平気だった人が、急に1~2合で悪酔いするようになることがあります。

これは、そのときのからだのコンディションにも左右されますが、肝臓が悪くなっていることも考えられます。

急に酒が飲めなくなったのでおかしいと来院され、急性肝炎が発見された例もあります。

飲むと吐くということは、元々お酒に弱い体質であるか、肝臓が弱ってしまってお酒に弱くなってしまったかのどちらかです。

弱ってしまった肝臓は回復させなければなりません。

次回は、肝臓の機能を回復させる方法をご紹介させていただきます。

 

次→ 酒を飲むと吐くようになった人が肝機能を回復させるには