日本人が酒に弱い理由とは?

日本人は欧米人に比べて一般に酒に弱いようです。
たとえば、アメリカ人などの酔っぱらいは道端でウイスキーの大ビンをラッパ飲みしていますが、日本人ではあまりそんな人をみかけません。

また欧米人は、パーティなどでお酒を飲みながら楽しく談笑して乱れませんが、日本人の宴会ではでは真っ赤になって酔いつぶれたり、気分が悪くなって吐いたりする人が必ず1人か2人はいるものです。

これは社会的訓練やマナーのちがいもありますが、そればかりではありません。

日本人は「悪酔い」しやすい民族なのです。

悪酔いの原因はアセトアルデヒドであり、それはアルコールが分解されてできるものだということはすでにお話しました。

そして酒に強いか弱いかは肝臓が強いか弱いかではなく、アセトアルデヒドがたまりやすいか、たまりにくいかなのだ、ということもお話しました。

父親が酒に弱いと、その子どもも酒が飲めないということがあります。

人によっては母親が酒に強く、父が弱くて個も弱いといったり、祖父は酒に強く、父は酒に弱いのに、その子供は酒に強かったりとアルコールの耐性の遺伝にも偏りがあるようです。

このアセトアルデヒドがたまりやすいという体質は民族的に決まっているようであり、体質的なものが親から子へと伝わっているのです。

日本人の悪酔いの真相

日本人の5割の人は先天的にアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないので、すぐ酔ってしまいます。

東洋人は一般にお酒を飲むと顔が赤くなるのでオリエンタル・フラッシュ(東洋人の潮紅。つまり顔が赤くなること)という言葉があるくらいです。

顔が赤くなる、心臓もドキドキする、ムカムカもする、頭が痛くなるというので、このへんでやめようという気になり、それ以上飲めなくなります。

これらはいずれもアセトアルデヒドが十分に分解されず、からだに残るための症状です。

日本人はアセトアルデヒドを分解する酵素が欧米人に比べて少ない、だからアセトアルデヒドがからだにたまる、たまるから悪酔いの症状が出てそれ以上飲まなくなる。

言葉を換えれば、少し飲んでもよい気持ちに酔ってしまうのでそれで満足する。

酔いの目的を達するということになります。

ところが、欧米人はそうはいかない。
先天的にアセトアルデヒドを分解する酵素が多いので、アセトアルデヒドができてもすぐ分解されてなくなってしまう。
だから顔も赤くならないし、ドキドキもしない、これで十分という酔いのブレーキがない、だからいくらでも飲んでしまう。

気がついたらボトル一本あげてしまった。
しかし、まだ酔い足りないのでもう1本ということになります。

アセトアルデヒドが出て、悪酔いの信号、が出るからブレーキとなるのです。
ブレーキがなければどこまでも突き進んでしまってアル中になります。

アル中は酒に強い人がなります。
酒に弱い人が無理に飲むからアル中になるような気がしますが、事実はまったく逆なのです。

肝臓が悪くなるのも飲んだ酒の量に比例します。
酒に強い人ほど、斗酒なお辞せずといういかにも強い、男らしい、健康そうな、病気なんかしそうもないような人が肝臓を悪くするのです。

もともと飲めない人は一見弱そうですが、肝臓を悪くしません。
お酒を飲まないのですから悪くしようがないのです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。