お酒に弱くなってしまいました

私は酒を飲む機会が多く、だんだん酒に強くなってきました。

ところがカゼを引いて、それがこじれてなかなか治らず、一時は変な病気かと心配しましたが、それもようやく治りましたがこの間、酒は医者に止められていたし、飲みたいとも思わなかったのでやめていました。

ところが、先日久しぶりにビールを飲んでみたのですが、コップ1~2杯ですぐ酔っぱらい、もうそれ以上飲めなくなりました。
以前はビール2~3本は平気だったのです。

どうしたのでしょうか。
肝臓が悪くなったのでしょうか。

酒をやめると酒量がおちる

これは酒をやめていたために、いままで増えていたアルコールを分解する酵素(MEOS)がまた減ったためです。

酒を飲むと増えてくるMEOS系の酵素は、酒をやめて三週間たつと元の値にもどるとされています。

とにかく、長期間酒をやめていると酒に対する強さは元にもどります。
酒を飲んでいるとだんだん強くなり、ビール1本が3~4本飲んでも平気になりますが、やめるとまたビールー本でも酔うということになるのです。

それでも、これから毎日飲んでいると、また強くなってきます。ですから肝臓が悪くなったためではなく、酒に対する適応が元にもどったというだけのことですから心配いりません。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。