【即死系攻撃】なぁ、酒で薬を飲むとどうなるんだ?

薬と酒をいっしよに飲むと、薬が効きすぎて危険です。

私は、内科医として、いくっかの病院でも診療にあたった経験がありますが、こちらの指示に従ってくれない患者は、ほんとうに頭痛のタネです。

その筆頭が、薬に関する注意事項を守らない人といえます。

たとえば、不眠を訴える患者に精神安定剤を処方すると、酒といっしょに飲めばいっそう効くだろうと、勝手に判断してしまいます。

精神安定剤と酒がいっしょになると薬が効きすぎて危険ですと、説明しているにもかかわらずです。

血圧降下剤の薬にしても同じで、酒を飲みすぎると薬の効用が強く出すぎますから注意してほしいというのに、大酒を飲む人が珍しくありません。

また、糖尿病の患者の中には、血糖値を下げる飲み薬を飲んだあと、酒を大量に飲む人が案外います。

その結果、薬が効きすぎて低血糖になります。

実際、血糖値が下がりすぎて死亡するケースはひじょうに多いのです。

私は「この人は飲みそうだ」というカンが働くようになっているので、危険だと思った場合は、血糖値を下げるためのイソシュリソの注射は打ちませんし、薬も出しません。

薬を服用しながら、いっぽうで酒を飲むと、当然、肝臓は薬とアルコールの二つを代謝しなければならなくなります。

薬は、MEOSTミクロゾームーエタノール酸化系)が働く場所で分解されるわけですが、アルコールが肝臓にはいってくると、その場所がアルコールの分解に優先的に使われます。

したがって、薬の分解が遅れ、血中に長く停滞してしまうために、薬の作用が強く出てしまう結果になるのです。

これは、アルコールの相乗作用と呼ばれています。以前、睡眠薬と酒を飲んでラリる若者がふえ、深刻な問題になったことからもわかるように、アルコールの相乗作用は予想以上に強いものです。

薬が酒といっしょになれば、肝臓はその二つをどんどん破壊していかなければなりません。

事故に結びっかないまでも、肝臓に過重労働を強いることには違いないわけですから、それだけ障害も起こりやすくなるのです。

医師から、風邪薬や痛みどめをもらったときも要注意です。

これらには、抗生物質が含まれていることが多いのです。

抗生物質を飲んだあとでアルコールを体内に入れると、抗酒剤を服用したのと同じような作用が起こります。

つまり、飲めるタイプの人でも、少量の酒で顔が真っ赤になり、動悸冲頭痛に悩まされます。

気持ちよく飲めないだげで害とはいえないものの、やはり、「服んだら飲かな」を心がけてほしいものです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。