二日酔いの一番正しい治し方~即効性は無い現実を受け入れろ

二日酔いをすると、よく迎え酒をする人がいます。

一時的にはスッと不快感が消えることは確かですが、結局は″苦痛の先送り”効果だけで、おすすめはできません。

一時的に薬になるというのは、早い話、酔ったから、いねば酔い直しです。アルコールの依存症の禁断症状は、酒を飲むとピタリと止まります。

迎え酒のくり返しはアルコール依存症への序章となりかねないので、やめたほうが賢明です。

二日酔いの原因は、アセトアルデヒドが血液の中に貯まっているためと言われます。

その他に、電解質異状や低血糖が考えられます。

それでは、二日酔いを治すにはどのような方法があるのでしょうか。

結論からいえば、二日酔いに特効薬はありません。

しいてあげれば「点滴」です。

医者が二日酔いになると、勝手知ったる点滴で楽になるのがふつうです。

二日酔いのいちばんの不快症状は吐き気です。

胃の中に食べ物がはいっていれば、吐いたほうが楽になります。

こうとしなくても吐き、吐いた後に胃腸薬を飲みます。

軽い二日酔いならば、これだけでスッキリするはずです。

そのほか、果糖を多く含んでいる果物やジュース類、果汁、蜂蜜などは、わずかですがアルコールの代謝を早める効果があります。

即効性は望めないものの、胃腸薬と併用してすこしは楽になるでしょう。

古くから、「柿を食べると酔いが早くさめる」といわれています。

柿は、果糖に加えてタンニンを含んでおり、胃の粘膜をひきしめて胃を保護すると考えられています。

緑茶や紅茶類がよいというのもタンニンの効用というわげですが、学問的には確かでも、実際の二日酔いにどれほど即効性があるかというとあやしいかぎりです。

このことは、二日酔い体験の豊富な読者諸氏がよくおわかりのことだと思います。

作家の開高健氏などは、一日酔い対策として熱い焙じ茶に梅干しがいちばんということですが、それで軽くなったとするならば、二日酔いであったためではないのでしょうか。

牛乳を温めて飲むとか、カフェーオレを飲かなりして、シャワーを浴びるのもよい方法です。

頭痛がするときは、中枢神経を剌激して興奮させるカフェインなどが効果的です。したがって、一杯のコーヒーなどは多少なりとも効き目があります。

ひどい二日酔いのときは、自己嫌悪と後悔の念にさいなまれながら、時間の流れがすべてを解決してくれるまで横になっているしか手はありません。

これを機会に深酒をやめることができれば、もって瞑すべしというところです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。