胃痛回避!飲み会の二日酔い対策しとこうぜ!

日本人は、とかく空腹時に酒宴を始める傾向があります。

ビジネス上の接待、年末年始の酒宴、結婚式の披露宴等々、乾杯のあとにはかならずといってよいほどお酌や献杯ラッシュです。

空腹時には、胃袋の粘膜ぱおおうものがなく素っ裸の状態です。

こんなときに、アルコールの強い刺激がドッときたらどういうことになるのでしょうか。

第一にアルコールの吸収速度は遠くなり、血液中のアルコール濃度は急激に上昇します。

これが悪酔いの原因です。

胃痛の元凶でもあります。

そして二日酔いへ・・・

つぎに、濃いアルコールが直接粘膜を刺激し、障害を起こしやすくします。

昔からすきっ腹で酒を飲むなという飲酒の心得がありますが、それは以上のような理由からです。

「仕込みうるか」の逸品をなめ、酒は豪快に飲行という手合いには、いささか無理な注文でしょうが、乾杯のあとはひとまず杯を置いて、おいしい料理をまず食べてほしいものです。

それが理想的な酒の飲み方です。

かといって胃壁におおいをつくろうと、脂肪分を多くとりすぎても、肝臓にとってあまり好ましいことではありません。

肝臓がアルコールを代謝する際には、通常より多くの脂肪分が肝臓に集まります。

そのうえに脂肪分を過度にとれば、余分なものは肝臓に蓄積され、脂肪肝の原因になります。

飲む前に、牛乳とかチーズのようなものを胃の中に入れておくのはよいことです。

消化液と混じって、ゆっくり小腸に流れていくので、酒も比較的長く胃に止まりますから、アルコールの吸収が遅れ悪酔いしません。

最近は悪酔い防止のための薬が多く発売され、忘年会時期になると売れ行きが倍増するそうです。

いずれの薬も、飲酒前に飲めば効果があるでしょう。

Lシステインやグルタチオンを含む薬は、悪酔いの源といわれるアセトアルデヒドとくっついて無害なものにします。

胃の壁に保護膜をつくる胃腸の薬も、胃炎による吐き気を防いでくれます。

しかし、何と言っても高い金を払って「今夜は失敗しないぞ」と宴会にのぞむ心構えこそ飲み過ぎに対する最良のブレーキの作用です。

私は、立食パーティーなどでは、たいていいちばん前のほうに行きます。

テーブルぱすいているし、前のほうにくるのはよほどのお偉い方と勘違いするのか、コンパニオンの女性が、料理をいろいろ取り合わせて持ってきてくれるからです。

とにかく、飲むなら食べよ、飲みすぎるなが宴会にのぞむ悪酔い防止の要諦と心得ておいてほしいものです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。