焼酎の悪酔いしない飲み方とは?

ひところほどでないにしても、焼酎は安定した人気を保っているようです。

「悪酔いしない」「酔いざめがよい」というのが愛飲者の多い最大の理由でしょう。

焼酎は蒸溜法の違いで甲類と乙類に分げられます。

連続式蒸溜貌で蒸溜したものが甲類(ホワイトリカーとも呼ぶ)で、ほとんど無味無臭です。

乙類は、昔ながらの単式蒸溜機で蒸溜したもので、原料の風味成分がかなり含まれているため特有の香りがあり、クセも強く、″本格焼酎”ともいいます。

これらの焼酎、とりわけ甲類が悪酔いしない理由というのは、爽雑物の存在にかかわっているのです。

以前、若者にファンの多いある甲類焼酎が、なぜ悪酔いしないかということについて、コメントを求められたことがあります。

いいかげんな答えをするわけにもいかないので、実験室で一生懸命調べました。

それでわかったのぱ、その焼酎の成分はほとんどが純アルコール、他の成分は、匂いづけ程度にはいっているだけだったのです。

悪酔いは少ないけれど、それならエチルアルコールを薄めて飲んだほうがよほど安上がりだと、苦笑したものでした。

爽雑物の中には、私たちの体に悪影響を及ぼすものがいくつかあります。

たとえば、赤ワインに含まれるといわれるチラミソというアミソ類は、中枢神経を刺激したり、血圧を上げる作用があります。

同じアミソ類のヒスタミソ、これは一部の赤ワインに含まれているものですが、血管拡張作用があって、これが顔面紅潮や頭痛の原因になることがあるとされているのです。

「日本酒とは相性が悪くて」「ワインは飲むと残る」といった人は、案外多いようです。

個人によって、ある特定の酒に対して悪酔いするというのは、心理的影響もあるかもしれませんが、こうした火雑物のなせるわざと考えることもできるでしょう。

私は、日本酒を飲むと男ならからみやすく、女なら口説きやすくなります。

ですから、議論したい相手や美女といっしょのときは、日本酒を好んで飲むことに決めています。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。