完全に逆効果!二日酔いで気分悪い時のNG対処方法

色々な二日酔い対策法を紹介してきましたが、今回は完全に逆効果になってしまう、「やってはいけない二日酔い対処方法」をご紹介します。

→NG対処方法①~迎え酒はアル中になる

大脳が麻酔され不快な症状はとれるが、「毒をもって毒を制す」方法

「二日酔いには迎え酒」というのは割に聞く言葉です。

これは医学的な言葉というよりは、何か開き直った、毒をもって毒を制す、というような大変威勢のよい二日酔いの治し方です。

二日酔いという状態は、アルコールはほとんど分解されて残っていることは少なく、むしろアルコールが分解されて生じるアセトアルデヒドによって自律神経が刺激され、頭痛、吐き気、動悸などの不快な症状が残っていることが多いのです。

そこで、迎え酒としてアルコールを再び入れますと、大脳がまた心地よく麻酔され、頭痛やイライラの不快な頭の症状、だるさなどが感じなくなるというものです。

つまり、二日酔いをお酒の酔いでマヒさせるということになります。

二日酔いに迎え酒をするのは、いわゆるアル中のはじまりであると指摘する人もいます。

お酒が切れるとイライラし、さびしくなり、居ても立ってもいられなくなり、手がふるえ、体がおかしくなり、朝酒を一杯やるとやっと落ち着いてまともに仕事ができるというのでは、アルコール依存症のはじまりと考えなくてはならないでしょう。

→NG対処方法②~二日酔いの朝のジョギングは危険すぎる

心臓発作や脳出血の危険もある

二日酔いの不快感をとるためにジョギングをして汗を流し、そしてひと風呂浴びてさっぱりするという人がいます。

よほど心臓が丈夫か、ジョギング慣れしている人か、二日酔いといってもそれほど垂くないのでしょうが、一般にはおすすめできません。

二日酔いでは、アルコールよりも主としてアセトアルデヒドが残っており、頭痛、吐き気などとともに脈が増え、血圧が上がるなどの自律神経の緊張状態にあります。

ですから、二日酔いにジョギングは心臓によくありません。

また、二日酔いのとき、ひと風呂浴びるのはさっぱりしてよい気持なので、実行している人も多いようですが、これもほとんどアルコールが抜けた状態のときに行なうべきでしょう。

二日酔いがひどく、心臓がドキドキしているときは、風呂はジョギングをしたのと同じような負担を心臓に与えます。

二日酔いの治し方は、じっとして、ふとんをかぶり、後悔することが一番です。

→二日酔いで気分が悪いならこうする

胃の粘膜がビランしているので朝食を抜き、水分をとるようにします。

二日酔いの朝の胃袋は荒れています。胃のファイバースコープ、つまり昔、胃カメラといっていたもので見ますと、胃の粘膜は真っ赤になっており、ところどころにビランもあり、ときには出血の見られることすらあります。

アルコールは脱水作用があります。

つまり、相手から水を奪い、相手をカラカラにひからびさせてしまうのです。

ですから、濃いアルコールが胃の中に入りますと、胃の粘膜から水を奪い、粘膜はカラカラとなってやられ、ビランができ、出血します。

通常は胃の粘膜にも抵抗力があり、粘液でおおわれているので、それはどやられるわけではありませんが、飲みすぎると粘膜がおかされるということになります。

食欲もなく、痛みもあって食べ物をうけつけないというのは粘膜がおかされているからで、絶食するのが一番です。

といっても朝と、せいぜい昼まででよいでしょう。

夜には回復してくるはずです。

しかし、水分は必要なので、湯ざまし程度は少しずつ飲んでもよいでしょう。

点滴をすればなおよいのですが、それはよほど重症のときでしょう。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。