非アルコール脂肪肝を改善させる食事の3つの条件

高タンパクで適正カロリー、高ビタミンの食生活が非アルコール脂肪肝を改善するコツです。

そのうちの一つが食事です。

ここでは、その食事についてよりくわしく説明しましょう。

肝臓をよくする食事とは、

①高夕ンパクで適正カロリー、

②油脂や糖分が適量、

③高ビタミン、

という3つの条件を満たした食事です。

これを実行している食卓こそが、肝臓の働きを支え、機能を高めてくれるのです。

ウイルスによって障害を受けた非アルコール脂肪肝は、その修復にタンパク質やビタミン、糖分などを使います。

また、ウイルス退治に欠かせない白血球や免疫物質などは、いずれもタンパク質が主成分です。

そのため、魚や鶏肉、卵、カキ、いかなどの魚介類や大豆製品、乳製品などをとることで、そうした栄養成分を次々と補う必要があります。

ビタミンは、体のさまざまな生理作用のいわば潤滑油です。

ところが、肝炎にかかると、血液中のビタミンの合成と貯蓄は急速に低下します。

そこで、傷ついた肝臓の修復に不可欠なビタミンを上手に補うことが、ウイルス性肝炎などの肝障害を改善するカギでもあるのです。

非アルコール脂肪肝の人は、肝臓を強化するビタミンの十分な補給が欠かせません

肝臓には、いつでも必要なときに利用できるように、ビタミンを蓄えておく働きがあります。

しかし、肝臓の機能が低ドすると、ビタミンの貯蔵能力がガクンと落ちてしまうのです。

肝機能が悪い人は、健康な人の2~3倍の量のビタミンが必要になるといわれます。

肝機能を改善したい人はもちろん、肝臓を健康に保つためにも、特にビタミンAやC・Eなどを十分に補給することがたいせつです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。