C型肝の原因はアルコールやストレスじゃなかった!

肝臓病の原因の7割が実はウイルス感染で、アルコールだけが原因のことは多くありません。

肝硬変や肝臓ガンなど、肝臓の機能に異常がある人は、日本に約300万人以上もいるといわれています。

とかく肝機能の異常というと、その原因はアルコールにあると思われがちです。

確かに、欧米人の肝硬変は、アルコールが原因のものが多いのですが、日本人の場合は、そのほとんどが、肝炎ウイルスが関係しています。

なかには、アルコールによって肝臓がやられている人もいますが、その場合ですら、その背景に肝炎ウイルスのかかわりが多いことが、最近の研究で明らかになっています。

実際の臨床例を見ても、アルコールだけが原因の肝硬変や肝臓ガンというのは、思ったほど多くはないのです。

これを裏づける、次のような訓査があります。

肝硬変の患者を、

①お酒は飲まないがC型肝ウイルスに感染している人、

②ふだんから大酒を飲みC型肝ウイルスに感染している人、

③ふだんから大酒を飲むがC型肝にいっさい感染していない人、

の3グループに分けて、その肝臓ガンの発症率を調べたところ、①が28%、②が44%、③が5%という結果が出ました。

この結果からわかるのは、要するに、たくさんお酒を飲む人でも、ウイルスに感染していない限り、簡単には肝臓ガンになりにくいということです。

また、肝硬変の患者262人を対象に、その原因を調査したこんなデータもあります。

C型肝が原因であったのは全体の46%で、B型肝炎ウイルスは7%、C型肝ウイルス十アルコールが18%、B型肝炎ウイルス+アルコールが2%でした。

それに対して、アルコールのみが原因だったのは、たった12%でした。

こうした統計をもとにいえるのは、適量を守って飲んでいる限り、お酒は肝疾患を促進させる要因にはなりにくい、ということです。

反対に、肝炎ウイルスに感染している人がお酒を飲むと、肝疾患の程度が悪化するおそれがあるのです。

特に、B型肝炎やC型肝炎はウイルスに感染しても症状がはっきりしないことが多く、カゼぐらいに思って気づかないことがあります

。また、母子感染などでウイルスを持っていてもまだ発症していない場合があります(キャリアと呼ばれる感染者)。

このような感染者が知らずに多量の酒を飲むと、それが引きがねになって肝炎を発症したり、症状の悪化を促進する要因になったりするのです。

このように、純粋にアルコールだけによる肝硬変や肝臓ガンはこれまで考えられていたより少ないことがわかってきたわけですが、アルコール性肝炎をへて肝硬変にかかった人がお酒を断つと、生存率が2倍も向上するという数字があります。

いつまでもお酒を友とするために、自分のペースを守って飲むことがやはりたいせつだといえるのです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。