肝臓の数値を下げる方法

肝臓の数値を下げるのときにはタンパク質を減らすようにします。

肝臓の数値を元にもどるためには栄養が大事なわけですから、栄養たっぷり、カロリーたっぷり、ビタミンたっぷりのごちそうを毎日食べる必要があります。

これが原則です。

ところが、肝臓の数値が上がった人は激しいスポーツをやるわけでもありませんから、実際にはそんなにカロリーは必要ありません。

カロリーをとりすぎますと太ります。

目本人は、どんな人でも二五〇〇カロリー以上とると、それは余分であって太り出すといわれています。

肝臓の数値を下げるではたしかに高カロリーが求められますが、安静にしていることが多いので、せいぜい二〇〇〇カロリーもとれば十分でしょう。

さて、そこで食事の中身はどうなるかといいますと、まずタンパク質は体重一キロ当たり一・五グラムぐらいはとりたいものです。

体重六〇キロの人なら九〇グラムぐらいです。

といいますと、毎食、肉か魚がつく献立になります。

次に脂肪ですが、昔は肝臓病には脂っこいものはいけないとされて、脂は食べるな、淡白なものにしろ、といわれました。

しかし、脂肪もとりすぎさえしなければ、そんなに気にすることはありません。

ただし、黄疸があるときには脂肪は避けるべきです。

黄疸がなかったら、料理として肉や魚を食べるときに自然に入ってくるような脂肪ぐらいは別にかまいません。

脂肪もそんなに気にする必要はない、というのがいまの考え方ですから、一日五〇グラムぐらいの脂肪はよいでしょう。

デンプン質については、栄養が大事だからといって、あまりご飯とか甘いものをとりすぎてはいけません。

とりすぎると肥満の原因になります。

肝臓の数値が悪化して肝性脳症に陥ることがあります。

これは脳がやられたためで、手がふるえてきたり、便所と玄関をまちがえて玄関で小便をしたりなど異常行動をとることがあります。

このような症状があらわれたら、今度はタンパク質をとってはいけません。

まったく逆になります。これは腸の中でアンモニアなどが発生したことが原因ですが、タンパク質をとりすぎるとアンモニアが出てくるからです。

肝臓の数値が上がったらになったら、タンパク質は大幅に減らさなければなりません。

肝性脳症にならないためには、ふだんから便秘に気をつけることです。

便秘は肝臓によくありません。便が腸の中にいつまでもたまっていると、アンモニアなどの有害物質が発生して、それが吸収されて肝臓に入ってくるからです。

ですから、脳症になったときにどうやって治すかといいますと、まず淀腸をして腸の中にたまっている便をとり出し便通をととのえます。

肝臓の数値異常のときは便秘に気をつけることが大切です。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。