即効!二日酔い対策ッ!早く治すためには~

気にしていた、飲み過ぎないようにした、でも二日酔いになってしまった。

でも仕事もあるし即効で治したい。

そんな方への、応急処置的二日酔い解消法です。

二日酔いはならないに越したことはないので、あくまでも応急処置です。

二日酔い対策①~アルコールを流し出せ

まず、血液中に残留しているアルコールを流し出します。これは、スポーツドリンクを500mlから1lぐらい飲み、汗や尿として流し出す方法でも可能です。

また、薬局などで売られているビタミンCの穎粒などを溶かして飲むとさらに効果的です。

冷たい水は胃の吸収力が落ちるので思ったほど即効性はなく、逆に胃腸に負担が掛かる場合が多いので注意が必要です。

逆に水よりも少しぬるめの烏龍茶や紅茶がタンニンの作用と内臓の温度を上げて発汗を促進するので効果的です。

二日酔い対策②~炭水化物や糖分をとれ

胃がむかむかして何も食べられないという方も、お粥やお茶漬け等の油分の無い炭水化物を食べるか、羊糞やチョコレート等を一切れ食べるだけで効果があります。

これは、お酒を飲んだ後の一時的な低血糖状態を改善するためにグルコースの基になる炭水化物を摂るのが目的です。

特に梅干し入りのお粥や少しダシを入れたお茶漬けは、塩分を含んでいるので水分の吸収も良く、梅干しのアミノ酸がアルコールの代謝にも効果的です。

二日酔い対策③~最終奥義”酸素を摂る”

全身麻酔の手術後に酸素を利用して血液中の麻酔成分を排出しやすくするのと同じ要領で、酸素を多めに送り込むことで、血液中のアルコールや代謝物を呼気と一緒に排泄させる方法です。

以前に看護師さんに伺った「二日酔いになちゃった時は、ブドウ糖点滴と酸素補給で復活する」というお話は確かに理にかなっています。

「酸素」というと唐突に感じる方もいらっしやるでしょうが、スポーツ用品店等でサプリメントと一緒にスプレー式の酸素を売っているところもありますし、通信販売で手に入れることも出来ますから、万が一に備えて用意しておくのも良いでしょう。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。