肝臓に優しい食材の2つの条件とは?

お酒を飲むうえで肝臓に優しい食材というものはあります。

それは、ずばり高タンパク、高ビタミンの食材です。

こうした高タンパク、高ビタミンという2つの条件を備えた酒の肴として、次のようなものがおすすめです。

野菜サラダや海藻サラダ、
野菜サラダや海藻サラダ

野菜の煮物やおかかし
野菜の煮物やおかかし

冷ややっこや湯旦腐

冷ややっこや湯旦腐

枝豆
枝豆

ぬた
ぬた

もろきゅうやスティック野菜
6
魚介類では白身魚やいか、
もろきゅうやスティック野菜

貝類の刺し身
貝類の刺し身

それに、いか焼きやあさりの酒蒸し
いか焼きやあさりの酒蒸し

などがよいでしょう。

なぜ肝臓に優しい食材は高タンパク質なのかを説明しましよう。

肝臓は、それ自体もタンパク質でできていますが、アルコールを分解する酵素や、ウイルスを撃退する免疫物質など肝臓の働きを担う物質もタンパク質でできています。

このため、タンパク質の多い食品をとると、肝臓の代謝機能が促進され、アルコフルの代謝も進むのです。

また、もし肝臓が傷んでいると、その修復にはタンパク質が欠かせません。

タンパク質は、約20種類のアミノ酸で構成されており、そのうち8種類は必須アミノ酸といって体内で合成することができません。

そのため食品から摂取する必要がありますが、この必須アミノ酸をたくさん含んだタンパク質を良質タンパク質と呼びます。

この良質なタンパク質を多く含む食品が肉や魚、大豆です。

特に大豆などの植物性タッパク質は、肉や魚などの動物性タンパク質に少ない必須アミノ酸を含んでいるので、つまみ選びは肉や魚だけに偏ることなく、植物性タンパク質も忘れないようにしましょう。

豆腐、納豆などの大豆製品などに植物性タンパクが豊富です。

ビタミンは、飲酒時だけでなく、ふだんから肝臓にはたいせつな栄養素です。

肝臓はタンパク質や糖質、脂質などの代謝を行っていますがこうした代謝の働きを助けるために多量のビタミンが必要なのです。

ビタミンは、体内でつくる量が必要量を満たさないか、ほとんどつくられないため、肝臓に優しい食材から十分に積極的にとるようにしなければなりません。

日常の食事ではもちろん、飲酒時にも不足しないように補給することがたいせつです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。