酒風呂は危険?

山奥のひなびた温泉に行きますと、お湯の中でチビリチビリ楽しんでしる人をときどきみかげますが、なかなか気分が良さそうです。

ところで、お風呂に入るとからだにどういう変化が起こるかというと、まず血管が拡張し、皮膚の温度が上がり、脈が遠くなり、血圧が下がり、そして神経がリラックスしま寸。つまり解放された気分になるわけです。

これはちょうどお酒を飲んだときと同じ状態で、お風呂に入ってお酒を飲むと同じ効果をからだの内からも、外からもらえることになります。

お風呂に入って、血管が拡張して卜るところに酒が入ると、アルコールがからだのすみずみまで行きわたりやすいために酔いのまわりも早くなります。

小量の酒でも効き目がよいのはそのためです。

解放感から飲みすぎさえしなければ、からだに悪いということはありません。

疲れてからだが重いとき酒を飲むと楽になりますが、それでも肝臓には負担になりますか。

一日の仕事を終えて″ちょっと疲れたな”というときに、一杯やると疲れがとれたような感じになることがあります。

ところが、これは本当に疲れがとれたのではなく、酒が大脳の中枢を抑制して疲れを感じる神経を麻ひさせてしまったからです。

もう少し詳しく説明しましょう。

大脳には新皮質と旧皮質があり、ものを考えたり判断する役割をしているのが新皮質です。
酒はそれをおさえます。

一方、旧皮質は食欲や性欲という原始本能をつかさどっていますが、酒はそれを解放します。

だから、疲れてからだが重いとき、これには精神的疲労も加わっていると思いますが、こういうときにお酒を飲めば、新皮質が抑制されますからいろいろな悩みもとれてからだが解放された気分になり、リラックスできるのです。

楽になるとはそういうことです。

適量なら肝臓の負担にはなりませんが、からだが疲労しているときは肝臓自身も疲労していると考えられます。
そうすると、肝臓の代謝能力も低下しているので、そこヘアルコールがあまり多く入ればそれだけ肝臓の負担も大きくなります。

とはいっても、一日の仕事を終えて同僚と軽く一杯という飲み方なら、気分転換にもなるしストレスの解放にもなるでしょう。

酒風呂の危険性についてはこちらでも詳しく解説しています。

お酒を飲んで風呂に入ったら心臓にかなりの負担が…

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。