ちゃんぽんが悪酔いするって迷信?根拠はあるの?

酒の種類による微量成分の差は問題になりません。

また、現在では蒸留法、精製法が非常に発達しているので、不純物もほとんど混じっていません。

そうなると、それぞれの差はあまり問題になりません。

したがって、お酒をちゃんぽんにして飲んでも、とくに肝臓を悪くするということはありません。

ただし、チャンポンにすると、どうしても酒量が増えることになり、そのため二日酔いになりやすいということはあります。

それぞれ味わいもちがうし、雰囲気も変わるので勢いがついてしまって、ついつい度を越してしまうからなのです。

その点、たとえば日本酒なら日本酒一本ヤリだと、飲んだ量もよくわかるし、自分の適量に合わせられるというものです。
自分が今何合飲んだのかを正確に見積もることができるので、自分にとっての危ない境界線がひきやすいわけです。

お酒を飲む場合、肝心なことは適量を守るということであって、チャンポンにしたからといって肝臓に悪いということではありません。

それから、″温度のちがう酒を飲むと悪酔いする”という人もいます。

たとえば、冷たいビールを飲んで、次に温かい日本酒にして、さらにウイスキーの水割りに変えてという飲み方のことでしょうが、これは医学的には証明されたわけではありません。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。