酒の飲み過ぎをやめたい…

「私はそんな聖人君子にはならなくてもいいのだ。しかし、肝臓がどうなってもいいとは思わない。そういう場合はどうするのか」という質問があります。

そこで私は、いまや医師免許をとって20年にもなり、結婚もして世の中がわかってくるとこう答えることになります。

「アルコールが原因で肝臓を悪くした場合には、原則としてお酒をやめるべきです。とくにその肝臓病が進行性であったり、黄疸が出たり、腹水がたまったりしている場合にはなおさらです。」

アルコール依存症で、お酒がなくては1日もすまない人や、いくら監視していても自動販売機で買ってきて盗み飲みするような人は、少し許すと、医者が飲んでもよいといったと内外に公言し、自分の都合のいいように解釈して、結局はもとの酒量にもどってしまうことがあるので、こういう人も絶対に禁酒です。

しかしながら、自己抑制のきく人で、しかも肝臓の働きが安定していて、職業上どうしてもお酒と縁が切れないという人は、口をつけるという程度で毎日でなければよいでしょう。

それによってすぐに肝臓が悪化するということはありません。

まあ、お酒は人間関係の潤滑油くらいに考えたらいかがですか。

乾杯でも、大物ならウーロン茶というのも何となく特別扱いされますが、部下はそうもいかず、つき合いが悪いともいかれかねない。

ならば、いっそのことビールで堂々と乾杯して、杯も受けて、少しだけ口に含んで飲みこみ、残りはみつからないように捨てたり、そうでなかったら次から次へと新しいコップに代えて、そのうち色の似ているウーロン茶などにしてヤアヤアヤアと、ことさらに調子よく騒いで、みんなに調子を合わせてやっていればよいのです。

「こういう役者になれるなら、あなたはお酒を飲んでも結構です」と。

これも人生の知恵というものでしょう。

「お酒?とんでもないことです」

お酒が原因で肝硬変になったのなら、お酒をやめることは原因治療になり、最大・最良の治療法です。

肝硬変と診断されて、お酒をやめた人はやめなかった人に比べて2倍も長生きできます。

やめられるならやめるに越したことはありません。

ところが、この生存競争の激しい世の中で生きていくうえで、どうしても飲まねばならない場合もあります。

少なくとも乾杯をしなくてはならぬ、杯を受けなくてはならぬという場面が必ずあるものです。

プロフィール


サイト管理人:藤田 正
某病院につとめる中年男性。
みんなで楽しくお酒をのむことが大好きです。

お酒にまつわるちょっと怖い話や、
安全なお酒の飲みかたを紹介させていただきますので、
ビールを片手に楽しく読んでいただけたらと思います。